橋本充電中 タイトル

YouTubeにて鉄道動画チャンネル「橋本充電中動画部」を公開中(2019/03/18更新)

(最終更新:

2019北九州を巡る(3)JRA小倉競馬場とその先へ

JRA小倉競馬場

この記事は「2019北九州を巡る(2)2度目の佐賀競馬場」の続きです。今回の旅行記はタグ「2019北九州を巡る」カテゴリーページにまとめています。

小倉で迎えた遠征2日目、JRA小倉競馬場でのレース観戦と、北九州モノレール・日田彦山線に乗ります。

北九州モノレールで小倉競馬場へ

北九州モノレール

ホテル近くの駅から北九州モノレールに乗車し、競馬場前駅で下車。車内の大半の乗客が降りていきます。

小倉競馬場の入場口と競馬場前駅の改札

改札(写真左奥)を出ると目の前が小倉競馬場の入場門(写真右)。距離は上の写真の通り、徒歩0分と言っても怒られない近さ。撮影したのが最終レース終了後なので、人の流れが競馬場→駅になっていますが気にせずに。

小倉競馬場内のモノレール切符売場

ICカードが主流な現代、北九州モノレールでもSuicaなど交通系ICカードが使えるのですが、切符派の方もご安心を。小倉競馬場内に北九州モノレールの切符売り場が用意されています。窓口で職員に行き先を告げて切符を購入します。

北九州モノレールの切符

購入した切符。北九州モノレールの切符はQRコードが印刷されていて、自動改札機の読み取り部分にかざすタイプ。小倉競馬場内で購入したものは平和通駅発行のようです。

競馬場内の様子

小倉競馬場スタンド(パドック側)

競馬場内に入ると、目の前に見えるのはパドックとスタンド。午前中から賑わっています。

小倉競馬場パドック

パドックは陽があたり明るくて開放的。背後には北九州市立大学などがあります。

小倉競馬場スタンド内

スタンド内も吹き抜けになっていて広々。

小倉競馬場スタンド

4コーナー側から見たスタンド全景。スタンドは6階建て。

小倉競馬場 顔ハメ看板 ウマれたよ。

スタンド内に設置されている顔ハメ看板「ウマれたよ。」。このインパクトはJRA史上最大級!

小倉競馬場の誘導馬

小倉競馬場 誘導馬サンダルフォン

レース前に誘導馬が登場。まずは2009年の北九州記念の勝ち馬サンダルフォン(右)とマテンロウバッハ(左奥)。

小倉競馬場 誘導馬 マイネルエテルネル

そして2012年小倉2歳ステークスの覇者マイネルエテルネル。クラウンレガーロとの激戦が懐かしい……。2018年に誘導馬デビューしたばかりということで、随所に初心者マークをつけての登場でした。

小倉競馬場 乗馬センター馬房
小倉競馬場 乗馬センター馬房

スタンドの4コーナー側にある乗馬センターの馬房。手前の柵付きのデッキから馬を見ることが出来ます。

小倉競馬場 サンライズベガ

馬房の中で食事中?のサンライズベガは2011年の小倉大賞典の勝ち馬。

レース観戦

マイネルザウバア

この日の注目レースは10Rの脊振山特別(4歳上500万下)で、2頭のスクリーンヒーロー産駒が出走しました。まずはマイネルザウバア。休養明けでここが叩き3戦目、2週前は同コースで3着と好走し、ここでも期待大。

ウィナーポイント

もう一頭は牝馬のウィナーポイント。こちらも2週前に小倉で走っていましたが、7ヶ月ぶりのレースだったこともあり8着。一度使ってレース感を取り戻せているか?

脊振山特別 マイネルザウバア・バレーノロッソ

レースでは好スタートを決めたマイネルザウバアがそのまま逃げてレースの主導権を握る。最後の直線、後続の追撃に対抗するが、最後の最後でバレーノロッソに交わされ惜しい2着。ウィナーポイントは道中ポジションを下げて8着。

メイソンジュニア

メインレースは1600万下の下関ステークス。混戦を制したのは12番人気のメイソンジュニア。福島2歳ステークス以来2年3ヶ月ぶりの勝利。

パーリオミノル

1コーナー側へ移動すると、戻ってくる馬たちを撮ることが出来ます。写真中央は惜しくも4着だったパーリオミノル。

皿倉山特別

モニターで中山記念・阪急杯を見終えて残すは最終レース。小倉12Rは芝2600mの皿倉山特別。1周目スタンド前を通過する各馬と見守るファン。

皿倉山特別 タイセイトレイル・マスターコード

2周目ゴール直前、 タイセイトレイルが半馬身抜け出して1着。

皿倉山特別 タイセイトレイル

勝ったタイセイトレイルの口取り撮影。2代母はGI馬シンコウラブリイ。

小倉競馬場入場門(駐車場側)

最終レースを見終えて退場……の前に、駐車場側の入場門の様子を。

【スポンサーリンク】

レース後の乗り鉄活動

北九州モノレール 競馬場前駅

競馬場前駅からモノレールに乗り、小倉とは反対側の終着駅である企救丘(きくがおか)へ。競馬場前駅のホーム先端からは小倉競馬場の1コーナーを見ることが出来ます。

北九州モノレール 企救丘駅
北九州モノレール 企救丘駅

小倉競馬場から約10分、終点企救丘駅に到着。

日田彦山線 志井公園駅

企救丘駅から徒歩3分、JR日田彦山線の志井公園駅は隣のマンション敷地に隠れるような形で建っていました。

日田彦山線 志井公園駅

志井公園駅は棒線駅。列車の運行本数は1時間に1・2本と少なめ。

日田彦山線 キハ147-91

やって来たのはキハ147-キハ47の2両編成。小倉まで約20分のショートトリップ。

小倉駅

城野から日豊本線に入り、小倉駅に到着。門司港方のホームが低い場所に停車。このあとホテルに戻り、2日目終了。

今回の旅行記はタグ「2019北九州を巡る」カテゴリーページにまとめています。

この記事をシェア

タイトル&URLをコピーする▼

2019北九州を巡る(3)JRA小倉競馬場とその先へ|橋本充電中 - https://jyuden.com/trip/201902kyushu03/

スポンサーリンク

この記事のタグ

関連記事

前後の記事