橋本充電中

過去の鉄道写真をまとめた「橋本充電中フォトアーカイブ」公開(2020/03/10更新)

【9ヶ月ぶり】スマートシート導入後の東京競馬場に行ってきた

【9ヶ月ぶり】スマートシート導入後の東京競馬場に行ってきた

競馬場で指定席や特観席を使ったことがない男、茶畑相談役(@chabata_k)でございます。

10月に指定席購入者に限定して観客入場を再開したJRAの各競馬場、11月からは指定席に加え、自由席だった部分を指定席化して売り出す「スマートシート」を導入し、さらに入場できる人数が増えました(東京競馬場では1047人→4384人)。

このたび、11月8日のアルゼンチン共和国当日のスマートシートが当選したので、9ヶ月ぶりに東京競馬場でレース観戦してきました。ここまで本当長かった……。

入場までの流れ

東府中駅 競馬場線発車標

いつものように京王線で東京競馬場へ。特急・準特急の東府中臨時停車は無く、競馬場線も20分間隔での運転なので、タイミングによって乗り換えで待たされることも(写真は東府中駅の競馬場線発車案内)。

府中競馬正門前~東京競馬場

府中競馬正門前駅から東京競馬場正門へ続く連絡通路は開放されていて、職員が指定席購入者のみ入場可能とアナウンス中。

QRコードで入場手続き

まずは入場券売り場へ行き、窓口で「JRA指定席ネット予約」のページでQRコードを表示したスマホと身分証明書を提示。QRコードを表示するには、ログイン画面でID・パスワードを入力した状態で「ログイン」をタップせずに「発券用QRコード表示」をタップすること。

JRA指定席ネット予約ページ

手続きが終わったら「座席番号の表示されたチケット」「リストバンド」「非接触キーホルダー」を受け取り、入場門へ。

競馬場内の様子

東京競馬場パドック付近

2月のダイヤモンドステークス以来9ヶ月ぶりの東京競馬場。気がつけば落ち葉が目立つ季節になっていました。

東京競馬場 ジャパンカップ ロンジン時計

ジャパンカップといえばロンジン時計。今年もいつもの場所に立っていました。なお奥のビギナーズセミナーは休止中。

東京競馬場 ジャパンカップ装飾

スタンドのコース側にもジャパンカップ仕様に。

東京競馬場 パドック

パドックは前方4段分が立ち入りできず、少し離れた位置から馬を見ることに。グループ客がほとんどいないためが、通常時に比べて非常に静か。

人が密集しやすいパドックではあちこちにソーシャルディスタンスの確保を呼びかける掲示が。

生で見るモーリス産駒&グラスワンダー産駒

今回の競馬観戦で一番楽しみにしていたのがモーリス産駒を見ること。6月の新馬戦開始から5ヶ月、ようやく出会えた最初のモーリス産駒は母ハルサンサンのロングジャーニー。母ハルサンサンはサウスヴィグラス産駒でTCK女王盃を制したバリバリのダート馬。ここまで芝で2戦して8着・13着、今日は初ダートで期待大…と思っていたら本当に2着に来た!

インナリオ

次のレースにはモーリス×インナーアージのインナリオが出走。2戦して2着・2着と来ていて、今日は単勝1.7倍の1番人気。

フローラーリア

このレースにはグラスワンダー産駒のフローラーリアも出走。たてがみがキレイな牝馬です。

東京競馬場
東京競馬場

それではレース観戦。コース側へは立ち入ることができないので、予約した3階東エリアのスマートシートから観戦します。

インナリオ 東京競馬場

外枠に入ったインナリオはスタートでダッシュがつかず後方から。これで届くのか……と心配していたら最後の直線で鋭く伸びて差し切り勝ち。モーリス産駒の勝つところが見られたのでもう満足度120%。なおフローラーリアは11着(全13頭)でした。

東京6Rの新馬戦にはグラスワンダー産駒ワンダーレコールが出走。冠名が付いていませんがラフィアン馬。スタートで最後方に置いていかれるも、置いていかれること無く完走。

【スポンサーリンク】

メインはアルゼンチン共和国杯

ミュゼエイリアン 東京競馬場

ゴールドアクターの歓喜から5年、今年もやってまいりました伝統のハンデ重賞アルゼンチン共和国杯。今年は8歳になったスクリーンヒーロー産駒ミュゼエイリアンが出走。夏場に札幌日経オープン出走の予定が除外となり、今日は目黒記念以来の出走。

東京競馬場 おかえりなさいメッセージ

アルゼンチン共和国杯は立ち入り可能エリアの最前列から観戦。レース前にはターフビジョンにおかえりなさいのメッセージが。

レース発走。ミュゼエイリアンは好スタートから積極的に飛ばして馬群の先頭へ。

オーソリティ アルゼンチン共和国杯 東京競馬場

1周後、ゴール前で抜け出したのは3歳馬オーソリティ。ミュゼエイリアンは最後まで粘って粘って勝ち馬から1.0秒差の10着。お疲れさまでした。

まとめ

東京競馬場 スマートシート

毎年10回、15回と当たり前に見ていた光景から遠ざかること9ヶ月。まだまだ馬との距離は遠いけれど、現地で馬を見られる、レースを見られることの良さを感じることができた1日でした。

府中競馬正門前駅

そうそう、帰りの時間帯の京王競馬場線も20分間隔の運転&新宿直通は無いのでご注意を。

関連記事もどうぞ

スポンサーリンク

この記事をシェア

タイトル&URLをコピーする▼

【9ヶ月ぶり】スマートシート導入後の東京競馬場に行ってきた|橋本充電中 - https://jyuden.com/keiba/20201108tokyorc/

前後の記事