橋本充電中 タイトル

YouTubeにて鉄道動画チャンネル「東京鉄動画」を公開中(2019/03/18更新)

橋本にロードレースがやってきた!東京2020プレイベント「READY STEADY TOKYO」自転車競技(ロード)観戦記

READY STEADY TOKYO

2020東京オリンピックまであと1年。テストイベント「READY STEADY TOKYO」が各地で行われていますが、相模原市内を通る自転車競技(ロードレース)が7月21日に行われました。地元で自転車競技が見られるめったにないチャンス!沿道の様子などを観察しながらレース観戦してきました。

コース概要

READY STEADY TOKYOー自転車競技(ロード)の開催に伴う交通規制について(7月21日(日))|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
READY STEADY TOKYO -自転車競技(ロード) | Tokyo Test Events 2020

コースは東京都府中市の「武蔵野の森公園」をスタート、東京都・神奈川県・山梨県・静岡県を通り、静岡県小山町の「富士スピードウェイ」がゴール。

町田街道から国道16号線に入り、境川を渡ったところで相模原市内に突入。元橋本交差点から相原元橋本立体を経由し、相原台交差点から国道413号線へ。その後小倉橋・国道412号線を経由し、再び国道413号線(道志みち)を進んで山梨県内に抜けていきます。

町田街道の様子

町田街道 多摩ニュータウン入口交差点

まずは個人的に気になっていたポイントの一つ、多摩ニュータウン通りと町田街道の接続点である多摩ニュータウン入口交差点。多摩境駅前から500m下り坂が続き、ここで右カーブを切って町田街道に入っていく。そんなスピード感あふれる攻防を正面から見られる(と思われる)とあって早くも人垣が。選手は写真奥から走ってきて左に抜けていきます。

町田街道 多摩ニュータウン入口交差点

交差点に設置された救護施設。

町田街道 町田市小山町

多摩ニュータウン入口交差点から360m西に進んだ地点(町田市小山町)。このあたりは比較的空いていました。

町田街道 町田市小山町

町田街道 町田市小山町

コースや周辺道路は一般車両進入禁止。大会運営スタッフが一般車両の誘導やポール設置を行っていました。

元橋本町付近で観戦

READY STEADY TOKYO 相模原市緑区元橋本町付近

国道16号元橋本交差点から200m西に入った相模原市緑区元橋本町でレース観戦。写真奥が元橋本交差点で、周囲は住宅地。比較的歩道が広く、観戦しやすいポイントです。

READY STEADY TOKYO 相模原市緑区元橋本町付近

反対方向(進行方向)にはJR横浜線との立体交差「相原元橋本立体」があり、コース幅が狭くなっています。この立体交差の前後は観戦禁止エリアとなっていました。

相原元橋本立体は2015年3月に開通。この立体交差のおかげで踏切を使わずに横浜線を越えることができるようになり、ロードレースが橋本を通ることになったのはこの立体交差のおかげかも?

READY STEADY TOKYO 相模原市緑区元橋本町付近

READY STEADY TOKYO 相模原市緑区元橋本町付近

選手の通過を前に、警察車両、大会運営車両、サポートカーなど数多くの車両が通過していきます。中にはかなりのスピードでかっ飛ばしていく車も。

READY STEADY TOKYO 相模原市緑区元橋本町付近

いよいよ選手が通過。まずは逃げ集団の4台。

続けて大集団が元橋本町の住宅地になだれ込む(Twitterに投稿した動画より)

READY STEADY TOKYO 相模原市緑区元橋本町付近

READY STEADY TOKYO 相模原市緑区元橋本町付近

後方集団は逃げ集団から約5分差(カメラのタイムスタンプより)で通過。

READY STEADY TOKYO 相模原市緑区元橋本町付近

選手を追いかけるように各チームのサポートカーも続々と目の前を通過。

READY STEADY TOKYO 相模原市緑区元橋本町付近

READY STEADY TOKYO 相模原市緑区元橋本町付近

車両の通過が落ち着いた頃、広報車が「ご協力ありがとうございました」とアナウンスを流しながら通過。観客がゾロゾロと移動を開始し、車道に設置されていたポールやカラーコーンの撤去が始まりました。

READY STEADY TOKYO 相原元橋本立体

相原元橋本立体に設置されたコース幅縮小の看板。

READY STEADY TOKYO 相原元橋本立体

車道では中央分離帯に設置されたフェンスの撤去作業が行われていました。

READY STEADY TOKYO 相原2丁目

立体を超えた先にある相原2丁目交差点。選手は左に曲がっていきます。

丁字路の突き当たりにある空き地は、相模原市Webサイトに公開されていた観戦スポットに指定されていました。
【参考】東京2020テストイベント実施に伴い交通規制が実施されます|相模原市

2015年3月、まだ整備中だった相原2丁目交差点付近の様子は下記の記事で紹介しています。

【スポンサーリンク】

バスの迂回運行

大規模な交通規制が行われた今回の自転車ロードレース。路線バスの運行にも影響が出て、橋本駅発着便では国道413号線を通る津久井方面のバスと、町田街道を通る町田ターミナル行きのバスが迂回運行を行いました。

神奈中バス 緑区合同庁舎前

神奈中バス 緑区合同庁舎前

緑区合同庁舎前停留所に貼り出された迂回運行の案内。国道413号を通る橋01系統などは南側の道路を使って運行するかわりに、途中の停留所はすべて通過。「迂回」表示を出したバスはこの停留所を通過するという内容。

神奈中バス 緑区合同庁舎前

迂回表示を出したバスが通過する様子。行先表示LEDが切れてしまって系統がわからず…。

まとめ

間近で見たロードレースはやっぱカッコイイ!オリンピック本番もぜひ地元で見たいものです。

記事をシェア

スポンサーリンク

この記事のタグ

関連記事

前後の記事