橋本充電中 タイトル

YouTubeにて鉄道動画チャンネル「東京鉄動画」を公開中(2019/03/18更新)

六本木で同人誌を売る!おもしろ同人誌バザール7に参加しました

おもしろ同人誌バザール7

2019年4月6日、ベルサール六本木で開催された情報系同人誌即売会「おもしろ同人誌バザール7」にサークル参加してきました。

おもしろ同人誌バザール|同人誌|即売会|東京都(イベント公式サイト)
■前回参加時のレポート:情報系同人誌即売会「おもしろ同人誌バザール4」に参加しましたレポ(2017年10月)

当日の様子

都営大江戸線六本木駅

やってきたのは都営大江戸線六本木駅。地下深いことで有名ですが、駅構内マップを見るとB7階相当だそうで、エスカレーターを何本か乗り継いで地上へ。

六本木交差点

あ!テレビでよく見るROPPONGIだ!!

あまり同人誌即売会と縁のなさそうな六本木。本当にここで即売会が行われるのか?と、不思議な感覚を持ったまま会場へ向かって歩いていると、キャリーカートに印刷所の名前が入ったダンボール箱を載せて運んでいる人の姿が。これは同人誌即売会ありますねぇ!(確信)

ベルサール六本木

表通りから細い道へ入ると、ベルサール六本木に到着。サークル入場開始10分前でしたが、早くも10サークル以上が集まっていました。

9時30分になりサークル入場開始。当初は上写真に写っている1階のホールで開催予定でしたが、サークル参加申し込みが多かったため、更に広い地下ホールでの開催となりました。

橋本充電中サークルスペース

早々にサークル設営完了。今回は冊数を絞って自力搬入。

一般入場は11時からですが、各自準備ができたところで「交流タイム」と称してサークル同士の買い物ができるようになっていました。そしてこの時点で早くも本が売れるという奇跡。感謝。

【スポンサーリンク】

イベント開始

午前11時、一般入場開始。アナウンスによると開場前に100人以上が並んでいたようで、続々とホール内に人が入ってきます。開場直後から当サークルで足を止めて本を見てくれる人、事前に公開したサークルチェックリストを使っているよと声をかけてくれる人が来て、手応えあり。会場内を見てみるとスーツ姿の人が多かったり、コミケとはちょっと参加者層が違うのかなという感じ。

意外にも(?)反応が多かったのが浦和競馬場の話題。道路を横断してパドックに入っていく光景に興味を持って話しかけてくれる人が何人かいました。みんなも行こう浦和競馬!

午後に少し休憩時間を設定し、サークル巡りへ。コミケで言う「評論・情報系」ジャンルのほか、鉄道・旅行・ミリタリー系サークルが多く参加。我が競馬サークル橋本充電中は、コミケではスポーツ~評論情報サークルで配置されていますが、今回のおもしろ同人誌バザールでは「動物ジャンル」の並びで配置(サークル配置ページを見るとカエル・オオサンショウウオ・鳥・馬←ここという並び)されたみたい?で、それがかえって新鮮だったり。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、16時に閉会。お疲れ様でした。

イベントを完走した感想(ここbiim兄貴リスペクト)ですが、初めて橋本充電中の本を見た、買ったという方が多く、新規開拓出来たことに大満足。ぜひコミケでも皆様のお越しをお待ちしております。

今後の予定

終了後に主催者側からアナウンスがあり、今後のおもしろ同人誌バザールの開催は8月(コミケ期間中)に大崎で、11月に神保町で行うとのこと。11月は大阪でもサテライト会場を設置するらしく、関西エリアのサークルさんも要チェック。

今回のイベントについては公式からプレスリリースが発信されています。来場者数は1300名だったとか。

1300人が来場。六本木で開催されたインディーズ本の祭典「おもしろ同人誌バザール7」事後レポート。夏にはJR大崎駅前での関連イベントを開催 | 株式会社ユータックのプレスリリース

サークル橋本充電中の次回イベント参加予定は、いつもどおり(当選したら)夏のコミックマーケットになる予定です。

今年8月で橋本充電中はサークル活動5年目に突入。これまでの活動を振り返る記念誌的なものを作れたら良いなぁなんてぼんやりと考えています。それでは次回のイベントでお会いしましょう。

記事をシェア

スポンサーリンク

この記事のタグ

関連記事

前後の記事