橋本充電中 タイトル

【告知】URLを変更しました。新URLは https://jyuden.com/ です。

【競馬観戦記】トラスト障害2連勝!&東京スポーツ杯2歳ステークス(2018/11/17東京競馬場)

東京開催も残り2週。この日はグラスワンダー産駒3頭、スクリーンヒーロー産駒5頭が出走するとあって朝から東京競馬場へ行ってまいりました。2勝目を目指すフィルムフェスト・レノーア、障害連勝を狙うトラスト、初重賞挑戦となるクリノガウディーなど、見どころいっぱい。

東京3R 2歳未勝利

マイネルステレール 2018/11/17 東京競馬場

グラスワンダー産駒のマイネルステレールは2戦目。3週間前の新馬戦(→観戦記)ではパドックで尻尾を振るなど落ち着かない様子でしたが、この日は落ち着いて周回。

ピカブー 2018/11/17 東京競馬場

スクリーンヒーロー産駒のピカブーは4戦目。前走は4着と掲示板入り。今日こそ初勝利なるか。

レースが始まると、マイネルステレール・ピカブーともに後方へ。とくにステレールの方は馬群から3・4馬身後方をついていく状況でやはり厳しいか…と思っていたら最後伸びてきて9着。前走から一歩前進か。一方ピカブーは伸びず10着。

サトノジェネシス 2018/11/17 東京競馬場

勝ったサトノジェネシスはサトノダイヤモンドの全弟。

東京5R 2歳新馬

アクアミラビリス 2018/11/17 東京競馬場

2016年エリザベス女王杯の勝ち馬クイーンズリングの半妹、アクアミラビリスが1着。

東京6R 2歳500万下

レノーア 2018/11/17 東京競馬場

現2歳世代のJRA所属のスクリーンヒーロー産駒で一番最初に勝ち上がったレノーア。その後2戦し3着・5着、今回は初勝利をあげた東京芝1400mで2勝目を目指す。

フィルムフェスト 2018/11/17 東京競馬場

そして1番人気に支持されたのは9月30日に中山で新馬勝ちしたスクリーンヒーロー産駒フィルムフェスト。ちょっと落ち着かない素振りを見せていたがどうか。

スタークォーツ 2018/11/17 東京競馬場

フィルムフェストはスタート後ちょっとかかり気味。それが影響してなのか最後の直線では伸びず5着。レノーアは内でじっと脚を溜め、最後は3着でゴール(写真中央奥)。勝ったのは3番のスタークォーツ。

東京7R 3歳以上500万下

ワイルドグラス 2018/11/17 東京競馬場

近走不振が続くグラスワンダー産駒ワイルドグラスは去勢放牧明けの一戦。結果は11着だったものの、すんなり逃げられるようになったのは良い傾向。次に期待。

【スポンサーリンク】

東京8R 秋陽ジャンプステークス

トラスト 2018/11/17 東京競馬場

この日一番楽しみに、そしてドキドキしながら迎えたのがこの秋陽ジャンプステークス。前走初障害を快勝したスクリーンヒーロー産駒トラストが出走。

障害戦2連勝を目指すトラストに対し、昨年のこのレースの勝ち馬シンキングダンサーほか、障害実績のある馬が勢揃い。

トラスト 2018/11/17 東京競馬場

最終障害でトラストを撮るために4コーナー方面へ移動。馬群の先頭に立ったトラストは安定した飛越で障害をクリアしていく。

トラスト 2018/11/17 東京競馬場
(めっちゃトリミングした)

最後の直線入口で後方にいたジャズファンクが並びかけてきて、トラストと2頭並んで最終障害をジャンプ。勢いはジャズファンク優勢、これは厳しいか……しかしそこからトラストはもう一度伸び、ジャズファンクに4馬身差をつけて1着でゴール。

トラスト 2018/11/17 東京競馬場

ちょうど2年前の秋陽ジャンプステークスの日にJRA移籍後初戦(東スポ杯5着)を迎えたトラスト。その後はなかなか勝てない日々が続いたが、まさか障害転向して結果を出すとは……。

陣営コメントでは中山大障害を視野に入れている模様。今後の動向に注目。

【秋陽ジャンプS】(東京)~人気のトラストが逃げ切り連勝 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

トラスト 2016/09/03 札幌競馬場

2年前、札幌2歳ステークスを勝ったときのトラスト。当時は濃いグレーの馬体でしたが、2年でだいぶ白くなりました。

東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)

クリノガウディー 2018/11/17 東京競馬場

メインレースは東京スポーツ杯2歳ステークス。前走京都で新馬勝ちしたスクリーンヒーロー産駒クリノガウディーが出走しました。母父がディアブロという点や、調教でよく動くところなど、グァンチャーレと共通点が多い馬。グァンチャーレは東スポ杯では前が塞がって7着でしたが、クリノガウディーは何着になるかな?

好スタートから3番手につけたクリノガウディー、最後の直線で一度は先頭に立つ。そしてゴール前…

ニシノデイジー 2018/11/17 東京競馬場

先頭は4頭横並びの大接戦でゴール。勝ったのは最内、今年の札幌2歳ステークスの勝ち馬ニシノデイジー。クリノガウディーは勝ち馬から0.5秒差の7着でした(写真左奥)。あれ?グァンチャーレと一緒だ。

ニシノデイジー 2018/11/17 東京競馬場

記念撮影に向かうニシノデイジー。血統を辿ればセイウンスカイとニシノフラワーの名前が並ぶ。今後はGIタイトル獲得に期待がかかる。

東京12R 3歳以上1000万下

ユッセ 2018/11/17 東京競馬場

最終レースにはグラスワンダー産駒の牝馬ユッセが出走。近走は2ケタ着順続き。2年半ぶりの東京競馬場で復活はあるのか?

トミケンキルカス 2018/11/17 東京競馬場

レースは初めての芝コース参戦だったトミケンキルカスが軽快に逃げ、そのまま逃げ切り勝ち。ユッセは最下位17着でした。

2018/11/17 東京競馬場

最終レースが終了し、振り返れば夕日に染まるスタンド。来週はいよいよ2018年東京開催の最終週、ジャパンカップが…来るっ。

記事をシェア

スポンサーリンク

この記事のタグ

関連記事

前後の記事